home HOME  /  受診のご案内  /  フロア紹介

フロア紹介

フロアのご案内

3F 病室、ナースステーション、診察室、デイルーム、洗面、トイレ、シャワー室、浴室
2F 病室、診察相談室、ナースステーション、処置室、リカバリー室、中央材料室、手術室、洗面、トイレ、浴室
1F 待合ロビー、薬局、受付、会計、調剤室、診察室、処置室、救急処置室、レントゲン室、医療福祉相談室、トイレ、ベビールーム、たたみコーナー、リハビリテーション、ADL室、言語聴覚室、売店
B1F MRI室、CT室、DI室、薬品庫、検査室、栄養士室、厨房、食品庫、トイレ

1F

外来(診察室・処置室)

外来は1日平均130名程の患者さまが受診され、診療の補助と、病棟・多職種との連携を図りスムーズに入院を受け入れられるよう支援を行っています。患者さま、家族、地域の方々に信頼されるよう常に安全を確保し、誰もが安心して治療を受けられるよう寄り添い笑顔を絶やさず、心のこもった看護を提供出来る様努めています。

外来リハビリテーション

外来リハビリテーションでは、病気やケガを負って、日常生活や社会復帰が困難となった患者さまに対して、専門的な理学療法、作業療法、言語聴覚療法を行います。当院は、患者さまをお待たせしないように、またスタッフが計画的に加療を実施できるように予約制でリハビリテーションを実施しています。また、セラピストは担当制を設けており、患者さまが安心して一貫した治療が受けられるよう努めています。

※他院にて手術または入退院をされた患者さまも医師の指示や診療情報提供書があればリハビリテーションを受けることができます。

写真:リハビリテーション室

2F

手術室

病気は、患者さまや家族の日常生活を大きく変えるばかりでなく、患者さまを不安と恐怖に陥れ特に手術となると一層不安を募ります。
患者さまがどんな思いで手術に臨まれるのかを理解し、円滑かつ安全・安楽に手術が受けられるよう主治医、麻酔科医、病棟看護師と連携を図りながら周術期(術前・術中・術後)看護を行い、個別性のある看護を提供しています。
少しでも患者さまの気持ちに寄り添い手術が進められるよう努めています。ご不明な点、不安な事や気になる事がある場合はいつでもご相談ください。

一般病棟

一般病棟は、包括ケア病床20床を有し医療提携している各種施設や在宅からの緊急入院、急性期病院からの転院患者さまの入院の受け入れや、術前、術後の管理など集中的に治療が必要な時期から症状が安定してくる時期までの患者さまを受け入れる50床の急性期病棟です。
早期からのリハビリテーションにより、疼痛緩和だけでなく、退院後の生活を見据えた治療計画の立案や身体機能の改善を図り、早期回復、社会復帰を目指しています。また、早期に退院が困難な患者さまには回復期病棟への転棟をサポートし、リハビリテーションを継続して頂きます。

地域包括ケア病床

地域包括ケア病床では、急性期を経てすぐに在宅や施設へ移行するには不安のある患者さまや、介護施設や在宅療養中に入院が必要となった患者さまに対して、医療・看護と並行して必要に応じたリハビリテー ションを行います。退院後の暮らしに必要な動作訓練や、日常生活に近い形で運動習慣を身につけて頂 き、在宅復帰を支援します。医師・理学療法士・作業療法士・言語聴覚士・看護師・薬剤師・管理栄養士・医療相談員などが連携して患者さまの在宅支援を行います。

実績:平成28年~29年 [ 平均在院日数31日 / 在宅復帰率97% ]

3F

回復期リハビリテーション病棟

回復期リハビリテーション病棟では、骨折や脳血管障害などの患者さまに対して、日常生活動作能力の向上や在宅復帰・社会復帰を目的とした集中的なリハビリテーションを365日体制で提供します。
当病棟では、医師をはじめ理学療法士・作業療法士・言語聴覚士・看護師・薬剤師・管理栄養士・医療相談員などの専門職がチームとなり、患者さまに適した治療計画を作成し退院まで支援を行います。

当院のご案内

医療法人 明正会
今林整形外科病院

住所 〒891-0402 鹿児島県指宿市十町352-2
電話番号 call 0993-22-2710
診療日 月曜日 〜 土曜日
診療受付 午前 8:00 〜 12:30 / 午後 13:00 〜 17:30
診療時間 午前 9:00 〜 13:00 / 午後 14:00 〜 18:00
arrow_upward