home HOME  /  採用について  /  教育について(看護部)

教育について(看護部)

新人教育プログラム

新人教育は鹿児島県新人職員卒後研修事業のプログラムに沿って行っております。年間計画に沿って、一人ひとりの進行状況を新人担当のチューターが教育担当者と確認しあいながら新人教育を進め、また新人看護職員卒後研修事業の補助金申請も行っております。

シミュレーターを使用した実践研修やe-ラーニングを使用したオンライン研修、感染対策や医療安全対策、褥瘡予防等については、各委員会のスタッフによる専門的な研修も行っております。また、整形外科の疾患など、より専門的な診断や治療については医局主催にて毎週月曜日、新人職員教育疾患別レクチャーも開催しており、法人全体で新人教育を支える教育活動が当院の強みです。

新人看護職員サポート体制

e-ラーニング教育システムの導入

2019年4月よりe-ラーニングシステムが導入されました。看護職のみならず、セラピストや事務職の方たちにも医療安全や感染対策、接遇等全体研修として活用しています。

個人が好きな時間に講座にアクセスし、誰でも同じ内容を視聴でき、記録も残るので職員教育の標準化に適したシステムです。新人教育だけではなく、中堅スタッフ、リーダー育成の教育プログラムにも取り入れています。

より専門的な看護師になるための支援

当院では専門性の高い看護師の育成支援に力を入れています。骨粗鬆症マネージャーやリウマチケア看護師などの研修に積極的に参加し、学会認定や財団の登録看護師登録を積極的に支援しております。
高いスキルを持った看護師が中心となって治療のサポートにあたります。骨粗鬆症リエゾンサービスチームの活動においては法人内の25部署の職員が一丸となって骨粗鬆症の治療継続と再骨折の予防促進に取り組んでおります。

実習生の受け入れ・高校生の職場体験学習・企業合同説明会への参加

看護学生の臨地実習

当院では看護学生の実習を積極的に受け入れています。実習生の学びの機会を大切にするだけでなく、実習生に教えるという行為を通じて、私たち看護師自身の成長にもつながると考えています。

“1人ひとりの看護観を大切にし、患者さまの為に何が必要かを考えてもらいたい。医療の現場でしか学べないことをひとつでも持って帰ってもらいたい。” 教育委員会では実習担当者とともに『 記録より記憶に残る実習を 』を合言葉に、看護師を目指す私たちの仲間として一つでも印象に残る関わりを持たせてあげたいとの思いで取り組んでいます。

高校生の職場体験学習・企業ガイダンス

当院では高校生の職場体験や企業ガイダンスにも積極的に取り組んでいます。職場体験では法人にある13の職種について体験ツアーの様に見学、体験することができます。

企業合同説明会

南薩地区の企業合同説明会には平成30年度と令和元年度に参加しています。高校生の目線に立って、聞くだけではつまらないだろうとクイズ形式にしたり大型モニターを持ち込み、より楽しく、よりリアルに看護職、介護職の現状とその魅力についてお伝えしております。

当院のご案内

医療法人 明正会
今林整形外科病院

住所 〒891-0402 鹿児島県指宿市十町352-2
電話番号 call 0993-22-2710
診療日 月曜日 〜 土曜日
診療受付 午前 8:00 〜 12:30 / 午後 13:00 〜 17:30
診療時間 午前 9:00 〜 13:00 / 午後 14:00 〜 18:00
arrow_upward